カナダのセカンドワーホリ(ROワーキングホリデー)について

監修者

監修者末永 真一

カナダ留学コンサルタント、RCA 海外留学アドバイザー No.162002|カナダ在住20年以上のカナダ留学専門家。現在までサポートしてきた留学生数は1万人以上。カナダ留学情報を発信するX(Twitter)アカウントはカナダ以外も含む留学ジャンルでフォロワー数1位(1万人以上)、月間最大インプレッションは400万以上。

ROワーホリ(Recognized Organization)とは31〜35歳の方または2回目のワーホリをしたい方向けのワーキングホリデー制度です。
俗にセカンドワーホリとも呼ばれておりますが、カナダ政府から認定を受けた指定機関を通してのみ申請できるものです。
期間は最長2年間で、ワーホリの延長として使うことが出来ます。

ワーホリとROワーホリの違い

ワーキングホリデー(ワーホリ)とは、若者が異文化体験をしながら海外で働くことを目的とした制度です。一方で、ROワーキングホリデー(ROワーホリ)は、通常のワーホリの年齢制限を超えた方、または2回目のワーホリを希望する方が利用できる特別なプログラムです。

通常のワーホリは18〜30歳(一部の国では35歳まで)の若者が対象で、1回限りの申請が原則です。しかし、ROワーホリは18〜35歳の方も申請可能であり、さらには過去にワーホリビザを取得した経験がある方も再度チャレンジできる点が大きな違いです。

また、ROワーホリはカナダ政府から認定を受けた指定機関を通じてのみ申請が可能であり、これによりより柔軟な滞在が実現します。プログラムによっては2年間の滞在が認められており、カナダでの長期滞在を望む方にとっては非常に魅力的な選択肢となっています。

ROワーホリの申請条件

ROワーホリの申請条件にはいくつかの重要なポイントがあります。まず、年齢制限が設けられており、18歳から35歳までの方が対象となっています。通常のワーキングホリデービザの年齢上限が30歳であることから、それを超えた年齢の方でもカナダでのワーキングホリデーを経験できるのが魅力です。

次に、ROワーホリは2回目のワーキングホリデーを希望する方向けにも開かれています。つまり、過去に一度カナダでワーキングホリデーを経験した方でも、再度この制度を利用してカナダで働くことが可能です。

また、ROワーホリを申請するためには、カナダ政府から認定を受けた指定機関、いわゆるRecognized Organization(RO)を通じてのみ申請が行えます。

さらに、申請者は健康であること、犯罪歴がないこと、そしてカナダ滞在中の生活費や帰国のための資金を自己負担できることが求められます。

ROワーホリに申込む2つの方法

ROワーホリプログラムへの申し込みには、大きく分けて2つの方法があります。一つ目は、日系留学エージェントを通じての申請です。二つ目は、カナダ政府が認定するRO団体を直接通じての申請です。

どちらの方法もそれぞれメリットがあり、自分の状況やニーズに合わせて選ぶことが重要です。

日系留学エージェント経由

日系留学エージェントを通じてROワーホリの申請を行う方法は、特に初めての海外生活や手続きに不安を感じる方におすすめです。これらのエージェントは、ビザ申請のプロセスを始め、ROワーホリを含めた包括的な留学プランを相談することも可能です。また、エージェントを通すと、日本語ですべてのやり取りが完結し、定期的にきちんと状況を連絡してくれます。利用者は、これらのサポートを通じて、安心して、かつ確実にカナダでの新たな生活をスタートさせることができるでしょう。

カナダ政府認定RO団体経由

カナダ政府認定RO団体を通じてセカンドワーホリに直接申し込むこともできます。ビザ申請の代行や留学相談、ROビザに関する質問など、基本的に一切のサポートがないのが特徴です。留学エージェントを通す場合には、申請の枠を確保してくれますが、RO団体に直接申し込む場合はいつ枠がなくなるかもしれません。サポートや申請枠の保証がない分料金が安いので、英語でのビザ申請に問題がない、連絡がなくても自分で各機関に問い合わせができる、ROビザは確実に取れなくても良い、などの方にはオススメできます。

ROワーキングホリデーとヤングプロフェッショナルの違い

ROワーキングホリデー(ROワーホリ)には、ヤングプロフェッショナル(YP)というプログラムもあり、これら二つのプログラムにはいくつかの重要な違いがあります。

まず、ROワーホリは、カナダ政府が認定した団体(Recognized Organization)を通じて申請するワーキングホリデー制度です。これに対して、YPビザは、専門的な職業経験を積むことを目的とした就労ビザであり、雇用主を通しての申し込みが必要です。

ROワーホリは、一般的なワーキングホリデーと同様に、最大1年さまざまな職種での就労が可能であり、職を転々とすることも許されています。これに対してYPビザは、申請者が専門的なスキルや経験を活かせる特定の職種での就労が前提となります。最長2年間YPビザを申請した雇用主の下で働き続けることが求められ、退職した場合はビザが無効になります。

これらの違いを理解することは、自分のキャリアプランやカナダでの滞在目的に最適なビザを選択する上で非常に重要です。自分の状況に合ったプログラムを選び、カナダでの新たな経験を最大限に活かしましょう。

まとめ カナダのセカンドワーホリ(ROワーキングホリデー)について

カナダのセカンドワーホリ、すなわちROワーキングホリデーは、すでにワーホリを使ってしまった人や、条件を満たさなくなってしまった人々に新たなチャンスを提供します。この制度を利用するには、カナダ政府から認定を受けた指定機関を通じて申請を行う必要があり、通常のROワーホリでは1年、YPでは最大2年間の滞在が可能になります。

ROワーホリは、キャリアアップを目指す方や、カナダでの生活をさらに深く経験したい方にとって、貴重な機会となるでしょう。この記事を通じて、ROワーホリの概要や申請条件、申込み方法を理解し、あなたのカナダでの新たな冒険に役立ててください。