Wise(旧トランスファーワイズ)で海外送金|登録方法や使い方を解説!【クーポンあり】

監修者

監修者末永 真一

カナダ留学コンサルタント、RCA 海外留学アドバイザー No.162002|カナダ在住20年以上のカナダ留学専門家。現在までサポートしてきた留学生数は1万人以上。カナダ留学情報を発信するX(Twitter)アカウントはカナダ以外も含む留学ジャンルでフォロワー数1位(1万人以上)、月間最大インプレッションは400万以上。

海外送金ができるWise(旧トランスファーワイズ)を使ってみたいけれど、サービスの内容や登録方法・使い方などがわからない人もいるのではないでしょうか?

そこでこの記事では、Wise(ワイズ/旧トランスファーワイズ)のサービスについて徹底解説します!

この記事でわかることは、次のことです。

この記事でわかること
  • 会員登録方法
  • 送金方法
  • サービス概要・仕組み・メリット
  • 利用時の注意点やよくある質問

Wise公式サイトにも使い方などを説明するページはありますが、この記事では留学生がつまずきやすいポイントや、よくある疑問もまとめているので、これから留学で使用予定の人に参考にしていただけるように編集された記事とお考えください。

記事を読んでWise(旧トランスファーワイズ)を使えば、お得・安全に海外送金ができ、お金の心配をせずに留学生活を送れるでしょう。

お得なWiseの送金手数料をさらに節約するなら、こちらのクーポンを活用して会員登録ください↓

また、カナダ留学で使うクレジットカードを探している人は、こちらの記事もおすすめです。

このページの目次

Wise(旧トランスファーワイズ)で海外送金|会員登録方法

Wiseで海外送金するためには、まず会員登録が必要です。そこで、最初に会員登録方法を説明します。

Wise会員登録

すでに登録が終わっている場合は、次の項「Wise(旧トランスファーワイズ)で海外送金する方法」へお進みください。

※情報は2023年6月時点のものです。登録・送金手順やウェブサイトの見た目などは予告なく変更されることがあります。

本人確認に必要なもの(登録後すぐ送金する場合は用意)

会員登録をする前に、必要なものの確認をしましょう。準備が必要なものは、日本在住か海外在住かによって変わります。

これらは、会員登録後に送金を行う際の「本人確認」のステップで使います。

初回の送金をせず会員登録だけ終えたい場合、これらの書類はまだ用意しなくて大丈夫です。ただし、会員登録して日本から海外に送金したい場合「海外転出届」を出す前に本人確認を終えましょう。海外転出届を出すと、本人確認に必要なマイナンバーカードが失効するからです。

日本在住者の場合

日本在住者は次のものを準備します。

必要なもの説明
日本の顔写真つき身分証明書マイナンバーカード、日本の運転免許証、2020年2月以前に発行されたパスポート、在留カード
マイナンバーが確認できる書類マイナンバーカード、マイナンバー通知カード、6ヵ月以内に発行されたマイナンバー記載の住民票
カメラつきのスマートフォン
紙とペン

※マイナンバーカードがあれば、「日本の顔写真つき身分証明書」と「マイナンバーが確認できる書類」の両方を兼ねることができます

海外在住者の場合

海外在住者は次の書類を準備します。

必要なもの説明
顔写真つき身分証明書パスポート、運転免許証など
現在の海外住所が確認できる書類・公共料金の請求書:電気、ガス、電話(携帯電話の請求書は不可)
・銀行もしくはクレジットカードの取引明細書
・税金の通知書
・運転免許証(住所と有効期限が記載されているもの)
・他金融機関や政府機関発行の書類
・車両検査証

会員登録のステップ

Wiseの公式サイトの情報をもとに、会員登録のステップをまとめます。

  1. 公式ページで会員登録をクリック
  2. メールアドレスを入力
  3. 開設するアカウントの種類を選ぶ(個人/法人)
  4. 住んでいる国を選ぶ
  5. 携帯電話番号を登録し認証をする
  6. パスワード設定

1. 公式ページで会員登録をクリック

まずWiseの公式ページにアクセスし、会員登録ボタンを押してください。

(上記リンクからの会員登録で、最大800カナダドルまでの送金手数料が無料になるクーポンが付与されます!)

Wise会員登録ボタン

2. メールアドレスを入力

メールアドレスを入力します。

Google、フェイスブック、Appleアカウントを使うことも可能です。

3. 開設するアカウントの種類を選ぶ(個人/法人)

個人アカウントか、法人アカウントを選びます。

自分の留学資金の送金に使うなら、個人を選べばOKです。後から別のアカウントを追加することもできます。

4. 住んでいる国を選ぶ

現在住んでいる国を選びます。日本国外に住んでいたとしても、日本円での送金はできるので、正しい居住国を選んでください。

5. 携帯電話番号を登録し認証をする

携帯電話番号を登録します。その番号にSMS認証コードが送られるので、そのコードをWiseの登録画面で入力してください。

6. パスワード設定

任意のパスワードを設定し、会員登録完了です。

Wise(旧トランスファーワイズ)で海外送金する方法|詳しい使い方

会員登録が終わったら、海外送金ができるようになります!

Wiseで海外送金

ここからは、Wiseを使った海外送金の具体的な方法をご紹介しましょう。日本の銀行から海外送金する場合を想定して説明します。

大きくわけて以下の10ステップで完了します。

  1. 送金額・通貨を決定
  2. 入金口座を選ぶ
  3. 送金人情報を入力
  4. 受取人を選ぶ
  5. 受取人のメールアドレスと口座情報を入力
  6. 利用目的・年間予定送金額・収入源・収入額を選ぶ
  7. 【重要】本人確認の手続き(初回のみ)
  8. 受取人の居住国を選ぶ
  9. 送金目的を選ぶ
  10. Wiseへの入金方法を選び入金

※情報は2023年6月時点のものです。登録・送金手順やウェブサイトの見た目などは予告なく変更されることがあります。

1. 送金額・通貨を決定

Wiseのウェブサイトまたはアプリにログインし「送金する」というボタンを押します。

そして、送金する金額と通貨を入力し決定します。

相手の受取額を入力すると、日本円でいくら送金すべきか自動換算されるので便利です(下図の②を先に入力する)

Wise送金額入力の画面

2. 入金口座を選ぶ

Wiseを使って送金するには、入金が必要です。入金に使う自分の銀行口座が、個人のものか法人のものかを選びます。

3. 送金人情報を入力

送金人(あなた)の情報を入力します。具体的には次のような情報です。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 住所

4. 受取人を選ぶ

次に、お金を受け取る人を選びます。自分(の海外口座)、自分以外、法人などから選べます。

5. 受取人のメールアドレスと口座情報を入力

受取人のメールアドレスと口座情報を入力します。

口座情報として、以下の情報を得ておきましょう。

  • 口座名義
  • 口座番号
  • SWIFT

また送金する国により、次の情報が必要なこともあります。

  • イギリス:ソートコード
  • アメリカ:ABAルーティングナンバー
  • その他の国:IBAN

受取人の口座情報がわからない場合、相手のメールアドレス情報を元に送金することもできます。

6. 利用目的・年間予定送金額・収入源・収入額を選ぶ

利用目的・年間予定送金額・収入源・収入額を選択肢から選びます。

7. 【重要】本人確認の手続き(初回のみ)

初回の送金であれば、本人確認の手続きが行われます(2回目以降は省略)。

先にご紹介した「本人確認に必要なもの」を用意してください。あとは、指示に従い書類をアップロードします。

本人確認書類や写真の確認には数営業日を要します。 また、Wiseで本人確認書類のチェックが開始されるのは「入金確認後」です。送金手続きおよび入金が終わっていないと、本人確認書類のチェックがスタートしないのでご注意ください!

8. 受取人の居住国を選ぶ

受取人の居住国について回答します。

9. 送金目的を選ぶ

送金の目的を、選択肢の中から選びます。

10. Wiseへの入金方法を選び入金

送金金額や送金先に間違いがないか確認したら、Wiseの日本口座への入金を行います。

Wiseの日本口座とは?

Wiseが持っている日本の銀行口座のこと。日本からWiseを使って海外送金する場合に、入金が必須

Wiseは国内での銀行間の送金を活用した仕組みです。そのためまず「自分の日本の銀行口座→Wiseの日本の銀行口座」への入金が必要なのです。

それが済んだら、「Wiseが海外に持つWiseの銀行口座→受取人の口座」に入金されます(この手続きは、Wiseが行うため、自分で操作する必要はありません)。

入金方法は「銀行振込」か「デビットカード」から選びます。どちらも手数料がかかりますが、銀行振込のほうが安い場合が多いです。

Wiseの日本口座への入金が済んだ時点で、手続きは終わりです。あとは、受取人の口座に着金するのを待ちましょう。

海外送金できるWise(旧トランスファーワイズ)ってどんなサービス?

そもそも、Wise(旧トランスファーワイズ)がどんなサービスかわからない人のために、サービスの概要や使うメリット、安全性などをまとめます。

Wiseのサービス

すでに知っているという場合は、「Wise(旧トランスファーワイズ)で海外送金|利用時の注意点は?」に進んでください!

サービスの概要

Wiseは、従来の銀行送金とは一線を画す海外送金サービスで、速くて低コストの送金を実現しています。

通常の国際送金は、世界中の銀行をつなぐ「SWIFT」と呼ばれるネットワークを利用しています。この仕組みでは、送金銀行からコルレス銀行(中継銀行)を経由し、最終的に受取銀行に送金されます。しかし、この方法では多くの銀行を経由するため、手数料が高額で送金に時間がかかります

通常の海外送金

そこで登場したのがWise(旧トランスファーワイズ)です。

Wiseは、送金人が自国のWise口座に送金し、Wiseが受取人の国の口座に送金する国内送金方式を採用しています。これにより、手数料と送金時間が削減されます。

下の図は、日本からアメリカの銀行口座に送金する場合の例です。

Wiseの海外送金の仕組み
例:日本からアメリカへ海外送金

中継銀行をはさまない分、安価でスピーディーに送金できます。

送金できる国の詳細は、Wiseの公式サイトをご確認ください。

Wise利用のメリット

Wise利用のメリットと考えられることは以下の3つです。

手数料が安い

Wiseの最大のメリットともいえるのが、手数料の安さです。Wiseでは、一般的な銀行の海外送金のように、高額な手数料や隠れたコストがかかりません。

Wiseの調査によれば、日本の金融機関などと比較して、平均して7倍ほど安く海外送金ができることがわかっています。

入金方法によって手数料がかわるのも特徴で、自分にとって最適な方法で送金が実現できるでしょう。

オンラインで簡単に送金できる

Wiseのメリットは、一度会員登録や本人確認を済ませてしまえば、オンライン(ウェブサイトやスマホアプリ)から簡単に送金手続きができることです。

銀行のように営業時間に窓口に行く必要がないので、とても便利ですよね。

日本の口座から留学資金を送金したり、学費を学校に送金したい場合などに活用している人が多いですよ。

日本語対応のカスタマーサポート

Wiseの最後のメリットは、日本語対応のカスタマーサポートがあることです。

Wiseはイギリスの会社ですが、カスタマーサポートはもちろん、ウェブサイトやブログなどは日本語でも読めます。

英語にまだ自信がない人でも、安心して使えますよ。

安全性

「Wiseって便利そうだけど安全性はどうかな?」と心配する人もいるかもしれません。

ワイズ・ジャパン株式会社は関東財務局から資金移動業者として認可を受けており、送金時に振り込んだお金は履行保証金として法務局に保全されているため、万が一の場合でも保証されます。

Wiseは世界中で1300万人以上の利用者に支持され、毎月の送金額は約1兆3,000億円(80億ポンド)に達している信頼のおけるサービスです(2022年12月現在)。

海外送金のほかマルチカレンシー口座も利用可能!

Wiseは海外送金サービスだけの会社ではありません!

マルチカレンシー口座という機能があり、これによって世界中の通貨を一つのアカウントで管理できてしまいます。

この口座を利用すれば、世界の50以上の通貨を保持し、為替レートの変動リスクを最小限にしながら、海外送金や受け取り、他の外貨への両替などができますよ。

Wise(旧トランスファーワイズ)で海外送金|利用時の注意点は?

Wise(旧トランスファーワイズ)には利用上の注意点もあるので、主なものを解説します。

日本の口座がオンラインバンキングに対応しているか確認

海外渡航後に「自分の日本の口座から、海外の口座へ送金する場合」の注意点です。

日本の口座が、オンラインバンキングに対応していないと、送金手続きがリモートでできません。

希望の口座から送金できなかったり、家族などに頼む必要が出てくるかもしれないので、渡航前に銀行に確認しておきましょう。

オンラインバンキングに対応していても、設定に時間を要する金融機関もあるので、早めにチェックすることをおすすめします。

海外転出届を出す前にアカウントを作り本人確認

留学期間によっては、渡航前に役所に海外転出届を出します。転出届を出すと、マイナンバーカードが失効するため、Wiseの本人確認に使えなくなってしまう恐れがあることに注意してください。

日本でWiseアカウントを作り、その後に海外送金を予定している場合は、海外転出届を出す前に本人確認まで済ませておくことをおすすめします(少額の送金でも本人確認はできます)。

2段階認証の設定を済ませておく(アプリにする)

アカウントを作ったら、2段階認証の設定を「Wiseアプリ」に変えておくことをおすすめします。

アプリ以外のメジャーな認証方法には「テキスト(SMS)」があり、携帯電話に認証コードが送られてきて、そのコードでログインします。

しかし、海外にきて携帯電話番号が変わると、この認証コードが受信できずログインできなくなってしまうのです。

アプリに変えておけば、メールアドレス・パスワードを入力するだけでログインできます。アプリ認証のほうがセキュリティも高いです。

Wiseはオンラインサービス(店舗はない)

Wiseはオンラインの海外送金サービスなので、実店舗はありません。窓口に行って問い合わせをしたい人は別の方法を探す必要があります。

しかし、先に説明したように、Wiseには日本語で問い合わせができるカスタマーサポートもあるので、そこまで心配しなくていいかもしれません。

追加手数料が発生する可能性あり

送金する国や通貨によっては、追加の手数料が発生する場合があります。

Wise(旧トランスファーワイズ)で海外送金する際によくある質問

Wise(旧トランスファーワイズ)で海外送金する際によくある質問をまとめます。

Wise海外送金に関するよくある質問

留学生からも多く寄せられる質問なので、参考にしてください!

Wiseは銀行?

Wiseは銀行ではありません。銀行のように、顧客の資金を貸し出すことはなく、代わりに、「セーフガーディング」という仕組みにより資金を保護しています。

セーフガーディングは、事業運営のための資金とは別に顧客の資金を保有し、必要な時にいつでも利用できるようにする仕組みのことです。利用者の資金を安全に保持するために、サービス提供国の規制当局の厳格な規制に従っています。

Wiseはなぜ安いの?

Wiseは独自の送金システムを採用し、銀行のSWIFTとは異なる仕組みで国際送金を行うからです。

SWIFT

世界中の銀行同士がお金や情報を安全にやり取りするための仕組み。送金時は、送金元の銀行と受取人の銀行の間に、中継銀行(コルレス銀行ともいう)を経由する。

銀行であれば、いくつもの中継銀行を経由して日本から海外に資金を送付し、銀行ごとに手数料が発生するため割高になります。

一方Wiseでは世界各地にある自社の銀行を経由して送金を行うので、手数料を格安にセーブできるのです。

Wiseの海外送金の仕組み
例:日本からアメリカへ海外送金

また、Wiseでは常に実際の為替レートを使用しているため、思わぬ「隠れコスト」が発生することもありません。

着金には何日かかるの?

通常、受取人の口座への到着には1営業日かかりますが、両替が必要な場合は最大で2営業日かかることがあります。

正確なことは、送金時に着金予測時間が表示されるので、それを参考にしてください。

送金できない!

送金できない理由は複数ありますが、よくある原因は「入金していない」ことです。

Wiseでは、送金したい金額を入力しただけでは送金できません。まずは入金されているか確認しましょう。

日本から送金する場合は、日本の自分の銀行口座から、Wiseの日本口座に入金します。

自分の銀行口座からの銀行振込デビットカードを使用して入金できますが、現金や第三者からの入金、クレジットカードでの入金はできないので注意してください。

またWiseで送金手続きを作成した後は、2週間以内に入金を行う必要があります。もし2週間以内に入金が行われない場合、送金は自動的にキャンセルされることにもご注意ください。

「入金していない」以外で送金できない理由は以下のようなものがあります。

  • 追加情報を入れていない(送金内容によってはメールで追加情報が求められる)
  • 受取人の口座情報が間違っている
  • Wiseで送金手続きを作成していない

送金額の上限はある?

日本円からの送金の場合、送金額には1回あたり100万円の上限があります。なお、送金の回数に上限はありません。

Wise(旧トランスファーワイズ)は簡単・お得に使える海外送金サービス!

今回は、Wise(旧トランスファーワイズ)のサービスや、登録方法、使い方、よくある質問などをまとめました。

Wiseは安全・格安に海外送金をしたい留学生なら試して損はないサービスです!

特に気をつけるのは初回送金時の本人確認くらいなので、まずアカウントを作成して、使い方に慣れておきましょう。

お得なWiseの送金手数料をさらに節約するなら、こちらのクーポンを活用して会員登録ください↓

最大800カナダドルまでの送金手数料が無料になるクーポンが適用されます。